梅雨に向けて滑りにくい新作スニーカー

まもなく季節は梅雨のシーズンに突入します。
雨の日にスリップし、ヒヤッとした経験は誰もが一度はあるはずです。スニーカーは革靴に比べて滑りにくい点はありますが、それでもマンホールなどの滑りやすい場所ではスニーカーでも危険です。そんなスリップ事故を防ぐプレミアセブンの新作スニーカーをご紹介いたします。


1937年創業の歴史あるビブラム社開発「アークティックグリップソール」が常識を変える。

世界で初めて加硫ゴムを用いたアウトソールの登山靴を作ったイタリアの名門ビブラム社の最先端の技術で開発したアークティックグリップソール。
雪や凍結路面そして濡れた路面で驚異的なグリップ力を発揮するこのアウトソールは寒冷地を安全に歩くために設計されました。この先進のアウトソールを採用することによってスリップに強いスニーカーが誕生しました。

ビブラム社HP


雨の多い日本ではタウンユースとして進化させる。

アウトドアシューズを中心に展開しているアークティックグリップソール。しかし雨の多い日本の気候を考慮し、アウトドアシーンよりもタウンユースとしてファッション性と機能性を兼ねそろえた他にはない新しいスタイルで開発しました。

オン・オフともに使えるデザインも魅力。

80年代のテニスシューズをモチーフにしてツヤ感のあるしなやかなレザーを用いシンプルでモダンな雰囲気を演出。ボリュームあるフォルムをそのまま活かしミニマルデザインで仕上げています。カジュアルスタイルはもちろんシンプルなデザインだからジャケパンスタイルなどのビジネスシーンでも使えるマルチなデザインです。
今年の梅雨は安心して足元のお洒落を楽しみましょう!